サンライズ出雲の料金 - サンライズ出雲で行く出雲旅行 予約方法とツアー情報

サンライズ出雲の料金

サンライズ出雲の料金はえきねっとでは検索できず、検索するときはおでかけねっとが分かりやすい.jpg

サンライズ出雲の料金

まずサンライズ出雲で旅行するとどのくらいの費用がかかるのか?

旅行を計画した時にサンライズ出雲の料金を調べるのが一番苦労しました。
えきねっと(JR東日本)では料金が表示されませんでした。
JRのサイトで調べるとかなり分かりずらかったです。

サンライズ出雲の料金をJRのサイトで調べると、乗車券・寝台券・特急券を合わせた金額となり、距離・季節によっても料金が違い、寝台部屋の種類によっても料金が違ってきます。
また、他のサイトを調べても何時の情報かわからなかったり、古かったりしました。



続きを読む

おでかけネットの検索方法

JRおでかけネットの検索方法


おでかけネットの運賃検索は各座席の料金を検索できます。
また、ノビノビシートの料金変化にも対応しています。
ここでは「東京駅〜出雲市駅」までの検索で説明します。


<図1>
おでかけネットの時刻・運賃検索画面
JRおでかけネット
のホームページに行くと画面の左上に<図1>の路線検索があります。
時刻・運賃検索(マイ・ダイヤ)に出発駅と到着駅を入力して検索をクリックします。





<図2> ※クリックすると拡大します
おでかけネットの検索条件画面
<図1>で検索をクリックすると画面が<図2>の検索条件に移ります。
検索条件は下記の入力をして下さい。

『出発・到着駅』⇒出発・到着駅は先程入力したのでそのまま
『ご利用日時』⇒出発時刻指定を選択・出発日を入力・時間は22時0分と入力して下さい。
『利用列車』⇒特急・急行以外のチェックをはずす
『座席条件』⇒普通車指定席を選択
(分からない場合<図2>をクリックして見て下さい。)
検索をクリックすると次の画面に移ります。



<図3> ※クリックすると拡大します
おでかけネットの検索結果
検索条件を入力してクリックすると<図3>の画面になります。
検索結果一覧の第一経路にサンライズ出雲の経路が表示されます。
経路図の中央右側にソロまたはシングルと表示された箇所があり、クリックするとサンライズ出雲の寝台タイプが表示されるので希望のタイプを選択してください。

選択すると経路図右端の寝台券の料金が切り替わります。
(寝台券の表示料金は特急券+寝台券の料金です。)

これで乗車券の料金、寝台券の料金が分かります。

ノビノビシートの指定席特急料金にも対応しています。
(閑散期200円引き、繁忙期200円)

いろいろな路線検索サイトを調べましたが、座席のタイプが選択出来て一番分かり易い
JRおでかけネット
での検索をおすすめします。



【料金】サンライズ出雲の料金表(東京〜出雲市):停車駅と時刻

サンライズ出雲の料金は乗車券・寝台券・特急券を合わせた料金です。ノビノビシートは寝台券なしの料金で乗車できます。

サンライズ出雲の料金を分かりやすく料金表にしました。
サンライズ出雲の料金は乗車券・寝台券・特急券を合わせた金額となり、距離・季節によっても料金が違い、寝台の種類によっても料金が違ってきます。
下記の料金表を参考にしてください。

 

<運賃・料金表(東京駅から)>


A寝台1人用個室
シングルデラックス

B寝台2人用個室
サンライズツイン 

B寝台1人用個室
シングルツイン
*

運 賃

出雲市まで

11990円

11990円

11990円

特 急 料 金

3240円

3240円

3240円

寝台
料金
(1室)

出雲市まで

13730円

15120円

9430円

合 計

出雲市まで

28960円 

45580円
(2人分)**

24660円

 *「シングルツイン」の補助ベットを使用する場合は、5400円及び1人分の運賃・特急料金を追加
 **「サンライズツイン」の料金は、運賃+特急料金2人分と寝台料金1室分の合計



B寝台1人用個室
シングル

B寝台1人用個室
ソロ 

指定席
ノビノビ座席
**

運 賃

出雲市まで

11990円

11990円

11990円

特 急 料 金

3240円

3240円

3760円
(通常期)**

寝台
料金
(1室)

出雲市まで

7560円

6480円

合 計

出雲市まで

22790円

21710円

15750円

 **指定席特急料金は、通常期3760円、繁忙期3960円、閑散期3560円



サンライズ出雲の停車駅と時刻

東京駅を22:00に出発、終点の出雲市駅へは9:58に到着し、航空機の最終便より遅く出発し、朝の航空機よりも早く到着できるメリットを持ちます。

東京駅から出雲市駅(下り)の停車駅と時刻

  • 出発駅
    東京駅(22:00発)、横浜駅(22:24発)、熱海駅(23:23発)
    沼津駅(23:40発)、富士駅(23:54発)、静岡駅(00:20発)
    浜松駅(01:12発)

  • 到着駅
    姫路駅(05:25着)、岡山駅(06:27着)、倉敷駅(06:46着)、
    備中高梁駅(07:14着)、新見駅(07:43着)、米子駅(09:03着)、
    安来駅(09:13着)、松江駅(09:30着)、宍道駅(09:45着)、
    出雲市駅(09:58着)

※東京駅発の下り列車は、大阪駅、三ノ宮駅を通過し停車しません。

 

座席はどこがおすすめ?


サンライズ出雲の寝台は、シングルデラックス、サンライズツイン、シングルツイン、シングル、ソロ、ノビノビシートの6種類があり、種類によって料金が違います。

 

サンライズ出雲には6種類の座席(寝台)があります。どこの座席が良いかは人それぞれですが、料金を抑えつつ寝台特急に乗ってみたい人におすすめの座席がノビノビ座席。本来寝台料金としてかかる6300円が不要の指定席扱いなので、乗車券+指定席特急料金のみで利用することができます。

ノビノビ座席以外は個室です。プライベート空間を確保したいという人には、サンライズ出雲で一番座席数が多く、比較的予約がしやすいシングル座席がおすすめです。

ソロはシングル座席より料金は安いですが列車のモーター部に座席があります。選ぶなら2階席がおすすめです。

家族旅行ならば2段ベットのシングルツインが子供によろこばれるかも知れません。

座席数が少なく予約は困難ですがカップルや夫婦にはサンライズツイン、ちょっと優雅な一人旅にはシングルデラックスがおすすめです。



個人で切符を買うよりも旅行代理店でのツアーが断然お得!!

近畿日本ツーリストJTBなどの旅行代理店では、販売日以前にサンライズ出雲の切符の購入依頼が可能です。(旅行代理店も購入条件は前途、チケットの購入方法の条件です。)切符のみを購入することも出来ますが、旅行代理店に依頼するならセットプランをおすすめします。

理由はインターネットで切符の購入予約が出来ます。また、個人でサンライズ出雲の切符を購入するよりも安く購入でき往復の交通費を抑えることが出来るからです。

私の場合は、往路:サンライズ出雲、復路:特急やくも+新幹線、玉造温泉泊のセットプランで約37000円でした。(フリープラン・レンタカー含む)


セットプランが絶対にお得です。

⇒旅行代理店 サンライズ出雲ツアー一覧はこちら